にっちび知育メゾット(教室)

にっちびの知育教育メソッド

お子さまの将来は無限の可能性を秘めています。可能性とはつまり「伸びしろ」のこと。

未来を育てるためには「お子様の、素晴らしく成長した姿を思い描いて見守る子育て」をすることが大切です。

ひとり一人を丁寧に育てるにっちび知育あそび教室は、上質な乳幼児教育を提供いたします。

 

b_illust_81_1M.png

 

【子どもの脳と心身の発達理論、知育概論に基づいた3つのプログラム

①知育あそび教育プログラム ➡ にっちび知育あそび教室

0-6歳までのトータル的な生きる力を育てるプログラムを実施します

 

②家庭知育プログラム ➡ 講座・セミナー

思慮深いお子様を育むための知的環境としての「家庭」のありよう。

お子様へのかかわり方のポイントなど、正しい知識を学んで子育てを簡単に、楽しくする

講座やセミナーを開催。

 

③生活知育プログラム 

食べる事・眠る事・おしっこや着替え。毎日の生活の中にも知育あそびのエッセンスをプラスすることで

生きる力を育てます。

b_illust_3_0M.png

 

 

1.知育あそびってなぁに?

知育あそびは自分の頭と手や体を使い、

考えることを楽しむ教育的目的を持つ

「遊び」の一つです。

 

日本知育あそび協会の知育あそびは

数・形・色の遊び、ことばの遊び・五感の遊び・

動きのある知育あそびなどがあります。

 

脳の働きを活用し、

遊びの中で「より良く考える」習慣をつけることで、

生きるための知恵と力を培い、

個々の持つさまざまな能力を引き出すことが できるようになります。

にっちびくんレインボー(sukkiri.png

 

 

2、知育あそびをすると・・・

 

  • 知力、思考力が高まることで多くのことを学んだり考えたりすることが得意になる。

  • 柔軟なものの捉え方、考え方ができるようになるので新しいことを生み出す創造性がアップする。

  • コミュニケーション能力が高まり人との関係性を上手く作ることができるようになる。

  • 頑張ることができる自分に自信が持てるようになる。また、自分と同じように頑張る者を尊重し思いやる心が高まる

  • 全般的に能力が上がり、思考や作業に費やす時間が早くなり、自分の時間を有効に使うことができるようになる。

  • より多くのことをする余裕が生まれ人生を豊かに楽しむことができようになる

  • 自分のみでなく、社会、人のために自分の能力を活かす工夫ができるようになる

にっちびくんレインボー(sukkiri.png

 

3、知育あそびで育つもの

 

知育あそびは、知力、思考力を育てるため、たくさんの試行錯誤を繰り返しながら自ら答えに辿り着く遊びが多く用意されます。

 

最後まで自分の力で考え抜くことは、大変なことです。だからこそ頑張った自分に誇りを持つことができるようになるのです。

知育あそびをすることで身につく根気と前向きな感情は自己肯定感になり自尊心を育てます。

にっちび知育あそびでは物事を結果のみで判断せず、思考のプロセスに重きを置くいています。

そうしたものの捉え方はやがて自分とは違う考えを持つ者も尊重し、理解し合い自分と同じように頑張る者に敬意と共感する気持ちを育てます。

 

次の世代を担う子ども達には、あらゆる壁を乗り越える柔軟な思考力と共感する力が必要です。

そして目標を同じとする者と協力し合い、より良い方向へ創造し行動する力を培っていって欲しいものです。

 

 b_illust_3_0M.png

 

 

<にっちび知育あそび>

知育あそびは自分の頭と手や身体を使い考える事を楽しむ教育的目的を持った遊びです。

数の遊び・形の遊び・ことばの遊び・五感の遊び・色、音の遊び、巧緻性の遊び・動きのある知育遊び

があります。脳の働きを活用しながら知育あそびを楽しむことを通して、より良く考える習慣を早い時期から

つけることで、生きる力を培い、個々の能力を引き出すことが出来るようになります。

 思考力の育て方.jpg

 IMG_8979.JPG